産地の紹介

茶の始まり

書物に始めてお茶が登場するのは西暦815年「日本後紀」の中に「近江国滋賀韓崎で大僧都永忠が嵯峨天皇に茶を煎じて奉った」「天皇は一服のお茶に感じ入り、畿内ならびに近江丹波、播磨などに茶を植えて毎年これを献ぜしめた」との記述が残っています。 今でも大津市の日吉大社に“日本茶のふるさと”として『日吉茶園』が保存されています。

茶の始まり

日本茶のふるさと・・・滋賀県

滋賀県のお茶の歴史は古く「日吉神社神道書記」には約1200年前の延暦24年(805)に伝教大師最澄が唐より茶の種子を持ち帰り比叡山麓に撒いたことが茶樹伝来の始まりといわれています。
日吉神社(大津市坂本)の一隅にある茶園はその時のものと伝えられています。

日本茶のふるさと・・・滋賀県

100年経ったお茶の木

日本茶の老舗「近江製茶」の茶畑には100年経った茶樹が今も尚成長しています。

100年経ったお茶の木