製茶工程

茶ができるまでの工程

お茶は茶園で栽培し、適期に摘採した生葉を加工することによって製品になります。

茶葉は摘採した時から酸化酵素によって発酵が始まります。
日本茶の場合は、可能な限り新鮮な状態で熱処理(蒸す)をすることによって酸化酵素の活性を止め、水分を減らし、葉の形状を整えて乾物状態にします。
この乾物状態を荒茶といいます。
生葉から荒茶に仕上げるまでの工程を荒茶製造(加工)といいます。
仕上げ加工により製品価値が高められ、完成したものは仕上げ茶と呼ばれます。

一時加工(生産家・農家)

  • 摘採
  • 送風・加湿
  • 蒸熱(じょうねつ)
  • 冷却
  • 葉打ち
  • 粗揉(そじゅう)
  • 揉捻(じゅうねん)
  • 中揉(ちゅうじゅう)
  • 精揉(せいじゅう)
  • 乾燥

仕上げ加工(当社)

  • 火入れ乾燥
  • ふるい分け
  • 切断による整形
  • 風力や電気的感応による選別